ピックアップ山中桃子個展ナイジェリアの太陽精神科医のニア・ミス伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios

黄ぶな物語

見出しアイコン書籍情報

・書籍名 『黄ぶな物語』
・作 立松和平
・絵 横松(山中)桃子
・発売日 1999年11月25日
・価格 本体1,500円+税
・ISBN 978-4-901165-01-1

見出しアイコン書籍内容

それは深い森です。
太古の昔から繁っている大木の向こうにはまた大木があり、どこまでいっても木ばかりです。
いつの頃からか この森に一人の男が住みつきました。
長い時が過ぎ、男は老人になりました。誰も、老人本人さえも、いくつになるのか知りません。

見出しアイコン立松和平プロフィール

1947年栃木県宇都宮市生まれ。1970年「自転車」で第一回早稲田文学新人賞を受賞。1980年「遠雷」で第二回野間文芸新人賞を受賞。1997年「毒-風聞・田中正造-」で第51回毎日出版文化賞を受賞。2007年「道元禅師」で第35回泉鏡花文学賞を受賞。晩年、とくに自然環境保護問題にとりくみ、積極的に活動。2010年2月死去

*主な出版物
  • 「途方にくれて」(集英社)
  • 「閉じる家」(文藝春秋)
  • 「遠雷」(河出書房新社)
  • 「卵洗い」(講談社)
  • 「道元禅師」(東京書籍)

見出しアイコン横松(山中)桃子プロフィール

1977年栃木県生まれ。女子美術大学デザイン科卒。「現代演劇ポスターコレクション」99年、2000年入選。「田んぼのいのち」「牧場のいのち」(くもん出版)で、それぞれ第19回、21回「ブラティスラヴァ世界絵本原画」ビエンナーレ入選。05年には、観音庵(新宿区)本堂の天井画完成。08年春公開された映画『ぐるりのこと』(橋口亮輔監督)で、主演女優・木村多江が描く天井画に原画を提供し話題となる。作家・立松和平の長女。劇作家・小山内薫は曾祖父。夫は俳優・山中聡。東京在住。

*主な出版物
  • 「酪農家族1.2.3」(河出書房新社)
  • 「街のいのち」「川のいのち」「木のいのち」(くもん出版)
  • 「風になったヤギ」(旺文社)
  • 「桃の花」(インデックスコミュニケーションズ)
  • 「おばあちゃんのくりきんとん」(長崎出版)

年に数回都内ギャラリーにて作品発表。

ページのトップに戻る