ピックアップ山中桃子個展ナイジェリアの太陽精神科医のニア・ミス伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios
遥かなる戦争と遠ざかる昭和

遥かなる戦争と遠ざかる昭和 第一回

満州の平原からの引き揚げ

 私は、1942年(昭和17年)3月に、旧満州国の山海関(しゃんはいかん)で生まれたと戸籍に記載されている。山海関は中国の歴代の皇帝が北方民族からの侵略に備え、「万里の長城」が澎湖湾(ほうこわん)に突き当たった中国と満州国の国境にあった。
 父は三男であり、家を出なければならなかったので、母と結婚後、新天地を求めて満州国に渡った。そして、満州国の国境の役所の検疫関係の役人になり、1942年(昭和17年)に私が、2年後の1944年(昭和19年)に妹が生まれた。
 その後、父は満州里(まんちゅりー)に転勤になった。満州国は当時のロシアと満州国の国境の街で、ホロンバインの大草原の真中にある街で、北京から北に2,300km、ハルピンから西へ935kmの奥地にあり、そこはロシアのバイカル鉄道と結ばれていた。
 当時の満州里の人口は12,000人余で、満州人、ロシア人の外に、日本人が200人くらい住んでいた。
 冬は零下30度になるが、春から秋にかけて果てしない大草原が広がり、ソ連軍の侵攻がなければ桃源郷であった。
  • 生まれて数ヶ月の藤田。両親と山海関で

    生まれて数ヶ月の藤田。両親と山海関で

  • 父と記念撮影(1歳の誕生日か?)

    父と記念撮影(1歳の誕生日か?)


藤田勝春
弁護士 藤田勝春

1942年(昭和17年)満州国生まれ。1946年(昭和21年)3月満州から引き揚げ。1973年(昭和48年)弁護士開業。1987年(平成5年)栃木県弁護士会会長

宇都宮90ロータリー2011年(平成23年)度会長。

社会福祉法人「こぶしの会」理事長

「宇都宮平和祈念館をつくる会」代表

*藤田法律事務所

〒320-0037栃木県宇都宮市清住3丁目1番14号

TEL028-625-3266/FAX028-627-4216

E-mail:K.fujita@sea.ucatv.ne.jp



ページのトップに戻る