ピックアップとっておきの一冊インドネシアの海精神科医のニア・ミス伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios
伝統と文化−下野手仕事会−

「伝統と文化−下野手仕事会−」第二回

赤池 民子 −野州てんまり−

さらに研鑽を重ね、後継者の巣立ちに尽力したい
赤池 民子

赤池 民子

 振り返ってみますと、平成10年の秋、「野州てんまり」の中山先生が、宇都宮市内の福田屋デパートで実演をされているのに出会いました。
 きれいな刺繍糸を使い、すばらしい模様をさしている姿に、見入ってしまい、しばらくは、声もかけることができませんでした。
 その後、教室を見学する機会に恵まれ、会員の皆さんが、大きさの違うさまざまなてんまりに、刺繍糸できれいな模様をさしている姿に感動し、すっかり魅了されてしまいました。
 その場で、てんまり、針、糸を渡され、模様をさしたのをきっかけに、気がつけば、15年の月日が流れ、その間、何度か壁にぶつかったり、困難から立ち上がるのに苦労する時もありました。
 この40年という記念の年に、下野手仕事会への入会のお声掛けを頂き、さらには、栃木県伝統工芸士の名を頂くことができました。未熟な身には、身に余る光栄であるとともに、その責任に身が引き締まる思いです。
 中山先生が、永い年月をかけ、不動のものに育ててきた「野州てんまり」を、私達がさらに研鑽を重ね、成長するとともに、一人でも多くの後継者の巣立ちに、尽力していきたいと考えております。(文:赤池 民子)

  • 写真1

  • 写真3

  • 作品1

  • 写真2

  • 作品2

  • 作品2


(下野手仕事会40周年記念誌『下野手仕事会四十年之軌跡』P20-21より)

*赤池 民子プロフィール
 昭和12年、烏山町(現那須烏山市)に生まれる。中山春枝氏に約15年間師事し現在に至る。平成25年、栃木県伝統工芸士に認定される。
*〒321-0102 宇都宮市江曽島町1292-8
 TEL:028-659-2081

下野手仕事会40周年記念誌

下野手仕事会40周年記念誌・表紙

下野手仕事会四十年之軌跡

発 行 日
2013年9月1日 第1刷発行
編   集
下野手仕事会四十周年記念誌編集委員会
発 行 人
下野手仕事会
編集・制作
有限会社 アートセンターサカモト
〒320-0012 栃木県宇都宮市山本1-7-17
TEL028-621-7006 FAX028-621-7083

[定価]本体2,000円+税
©Shimotsuketeshigotokai.2013.Pronted in Japan
 ISBN978-4-901165-06-8

お問合せ先

下野手仕事会 会長 藤田眞一 TEL:0287-93-0703
(有)アートセンターサカモト TEL:028-621-7006



ページのトップに戻る