ピックアップとっておきの一冊インドネシアの海精神科医のニア・ミス伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios
伝統と文化−下野手仕事会−

「伝統と文化−下野手仕事会−」第三回

阿久津 華重 −押絵−

染めて、描いて、押絵して
阿久津 華重

阿久津 華重

 30数年以上も前に、東京新宿のデパートで、「大谷光栄押絵展」を見学して、初めて知る絹布の染描きの押絵作品の美しさに、驚きました。以来、江戸友禅の教室で染めを、日本画では面相に必要な技術を習い、日本古来の色の微妙さ、一本の線の難しさを感じながら、押絵を作っています。
 既存の布と、白生地からの染描きの布とを使分ける事に依り、私の作品作りは、より自由さを増し、調和を増す事となり、「東海道五十三次」や、「植物十二ヶ月」シリーズなどの、表情豊かな愛着のある作品が、多く誕生しました。
 現在、作品の多くは、額や羽子板等に貼る事がほとんどですが、洋服の胸やスカートの裾に貼り付けたり、ブローチや子供達のオモチャにと、工夫を重ねて楽しむ範囲を広げて行きたいと思っています。(文:阿久津 華重)

  • 作品3

  • 作品1

  • 作品4

  • 作品6

  • 作品2

  • 作品5

  • 作品3


(下野手仕事会40周年記念誌『下野手仕事会四十年之軌跡』P22-23より)

*阿久津 華重プロフィール
 本名、ヤエコ。昭和17年、氏家町(現さくら市)生まれ。昭和55年、押絵作家柳川光陽氏に師事。その後、久月人形学院押絵教室に入学。押絵教室「華の会」主宰。平成5年、日本手工芸美術展名誉会長賞受賞。
*〒329-1226 塩谷郡高根沢町大谷1623
 TEL:028-675-3947

下野手仕事会40周年記念誌

下野手仕事会40周年記念誌・表紙

下野手仕事会四十年之軌跡

発 行 日
2013年9月1日 第1刷発行
編   集
下野手仕事会四十周年記念誌編集委員会
発 行 人
下野手仕事会
編集・制作
有限会社 アートセンターサカモト
〒320-0012 栃木県宇都宮市山本1-7-17
TEL028-621-7006 FAX028-621-7083

[定価]本体2,000円+税
©Shimotsuketeshigotokai.2013.Pronted in Japan
 ISBN978-4-901165-06-8

お問合せ先

下野手仕事会 会長 藤田眞一 TEL:0287-93-0703
(有)アートセンターサカモト TEL:028-621-7006



ページのトップに戻る