ピックアップインドネシアの海精神科医のニア・ミスとっておきの一冊伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios
伝統と文化−下野手仕事会−

「伝統と文化−下野手仕事会−」第十一回

小川 昌信 −ふくべ細工−

ふくべ細工と郷土玩具「黄ぶな」
小川 昌信

小川 昌信

 ふくべ細工とは夕顔の実を乾燥させたもの、夕顔の実をむいて干したものが干瓢でこれは栃木の特産品です。父親の時代は種を取るために残しておいたふくべを利用していました。いわば廃物利用だったわけです。干瓢は石橋や上三川が産地ですがふくべ細工職人は宇都宮市に集まっていました。今ではその職人も私をふくめて二人となりました。
 現在ではふくべ細工専用の夕顔の実を農家に作ってもらっています。茶道の初釜の炭とりはその年に作られたふくべを使う習慣です。
 50才の時、下野手仕事会顧問で民俗学者の尾島利雄先生に勧められて廃絶していた宇都宮の郷土玩具「黄ぶな」を復活させました。以前黄ぶなは浅川仁太郎さんが一人で制作していましたが、亡くなった後は後継者がなく途絶えていました。
 毎年正月には二荒山神社の境内で売られています。厄除け病気除けとして縁起物として人気があります。黄ぶなは魚の形をしたはりこで作られています。木型に紙をはり膠(にかわ)と胡粉で下地を塗り、黄・赤・みどりの染料で仕上げます。豆太鼓も併せて制作しています。(文:小川 昌信)

  • 作品

  • 作品

  • 作品


(下野手仕事会40周年記念誌『下野手仕事会四十年之軌跡』P38-39より)

*小川 昌信プロフィール
 昭和17年、宇都宮市生まれ。同35年、高校卒業後、ふくべ職人岡田三代造氏に師事。炭入れ、花器、お面などのふくべ細工の他、郷土玩具の黄ぶな、雛人形などの製作も手がける。平成16年、栃木県伝統工芸士に認定される。
*〒320-0811 宇都宮市大通り2-4-8
 TEL:O28-634-7583

下野手仕事会40周年記念誌・表紙

下野手仕事会40周年記念誌

下野手仕事会四十年之軌跡

発 行 日
2013年9月1日 第1刷発行
編   集
下野手仕事会四十周年記念誌編集委員会
発 行 人
下野手仕事会
編集・制作
有限会社 アートセンターサカモト
〒320-0012 栃木県宇都宮市山本1-7-17
TEL028-621-7006 FAX028-621-7083

[定価]本体2,000円+税
©Shimotsuketeshigotokai.2013.Pronted in Japan
 ISBN978-4-901165-06-8

お問合せ先

下野手仕事会 会長 藤田眞一 TEL:0287-93-0703
(有)アートセンターサカモト TEL:028-621-7006



ページのトップに戻る