ピックアップとっておきの一冊インドネシアの海精神科医のニア・ミス伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios
伝統と文化−下野手仕事会−

「伝統と文化−下野手仕事会−」第十二回

小川 亨 −江戸神輿−

自信を持って残して置ける物を造る
小川 亨

小川 亨

 今年(平成25年)で私は52才です。今の仕事(家業の江戸神輿造り)に従事するようになり27年になりました。この仕事をすることは、自分なりに小学校の低学年のころから決めていた事です。大学生の長い休みには自分の家で手伝い(アルバイト)をしていたので、東京で「他人の飯を食う」という経験の後、家に戻っていざ家業を始めたときは、けっこうすんなりと仕事に入って行けたような気がしていました。しかし、親方(実父)からすると目にあまるものがあったように思います。それから27年が経ちました。今はどうでしょうか?
 神輿を造ることも大事なことですが、その神輿を納めた地域に行ったり、町会に行ったりして、神輿が地元の人達に認められて喜ばれているか、どう思われているか、地元の人の声も色々と参考になります。自分で実際に担いだりして勉強をしています。
 地元の人達に喜んでもらい、みんなで担ぎ上げられている神輿の姿を目の当たりにするときは、神輿を造っていてなんとも言いようのない最高の気分に浸れる時間です。こうした時間をこれからも、もっと増やして行けるように日々精進し、努力を惜しまず続けて行かなければと思います。
 また、これからは、古い神輿の解体復元をして神輿自体の歴史なども勉強や研究などもやって行こうと考えております。
 神輿以外にも、木を材料とした色々な物を造ってみたいとも思っています。この頃は、いつも造っている物を造るのも慣れていて良いのですが、今までに造った事のないものを造るということは、今までのノウハウを駆使して色々と考えながら形にしていくので楽しいと思っています。難しければ難しい程やり甲斐が有り、挑戦したくなって面白いと思います。
 結局、物を造っていくということは、後々後世に残していくものですから、後で誰が手掛けたと言われたりした時に、笑われる事の無いよう、自信を持って残して置けるものを造って行きたいと心がけていきます。(文:小川 亨)

  • 作品

  • 作品

  • 作品

  • 作品


(下野手仕事会40周年記念誌『下野手仕事会四十年之軌跡』P40-41より)

*小川 亨プロフィール
 昭和36年、石橋町(現下野市)生まれ。22歳で父の知人の親方について職人として修行する。3年間の修行の後、実家の神仏具製造業(神輿他)を継ごうと思い、父であり神輿造りの師匠である小川政次の元で現在も精進。平成19年、栃木県伝統工芸士に認定される。
*〒329-0511 下野市石橋796-7ホサカハイツB-201
 TEL:O285-52-1284

下野手仕事会40周年記念誌・表紙

下野手仕事会40周年記念誌

下野手仕事会四十年之軌跡

発 行 日
2013年9月1日 第1刷発行
編   集
下野手仕事会四十周年記念誌編集委員会
発 行 人
下野手仕事会
編集・制作
有限会社 アートセンターサカモト
〒320-0012 栃木県宇都宮市山本1-7-17
TEL028-621-7006 FAX028-621-7083

[定価]本体2,000円+税
©Shimotsuketeshigotokai.2013.Pronted in Japan
 ISBN978-4-901165-06-8

お問合せ先

下野手仕事会 会長 藤田眞一 TEL:0287-93-0703
(有)アートセンターサカモト TEL:028-621-7006



ページのトップに戻る