ピックアップ山中桃子個展ナイジェリアの太陽精神科医のニア・ミス伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios
伝統と文化−下野手仕事会−

「伝統と文化−下野手仕事会−」第十三回

川原井 與一郎 −つが野焼−

大地と共に
川原井 與一郎

川原井 與一郎

 大地――。いつでも、ここにある大地。
 思えばなんと不思議な存在だろう。
 大地は、幾千億の時の中で、植物を育て、生き物すべてを育んでいる。常に目の前にありながら可憐に咲く一輪の花や、名もない草木に気をとられることはあっても、大地そのものに視線を止めることはなかった。さりげなく、人々の視線を超えて在るもの、それが大地。

 土を練りながらいつもこの土の生い立ちを考える。
 土は、土のまま、在り続けることができる……。
 轆轤の上で湯呑みになったり、花入れや壷になったりもする。もともと土の塊だったものが、形を少し変え、ものへとなっていく。
 そして、窯の中で陶器へとさらに変わる。
 しかし、土は土なんだと思う。
 さりげなく、そこに在って、主張しない。

 そんな陶器がいい。

 大地のような、土そのものをとどめたものを目指しています。
 祖父の時代から家業を継ぎ生活に潤いが与えられるような器の製作創りを心がけてきました。
 これからも祖父や父の教えを守りつつ新しい方向性を示して頂いた、恩師藤原郁三氏に感謝し、生涯現役で轆轤を引き続けたいと思います。(文:川原井 與一郎)

  • 作品

  • 作品

  • 作品

  • 作品

  • 作品


(下野手仕事会40周年記念誌『下野手仕事会四十年之軌跡』P42-43より)

*川原井 與一郎プロフィール
昭和27年、岩舟町生まれ。同45年、父に師事、陶芸を始める。同59年、陶壁作家藤原郁三氏に師事。同62年、大平町に築窯。平成10年、現在地に移転。
■〒323-1106 栃木市藤岡町都賀2453-1
 TEL:0282-62-0655

下野手仕事会40周年記念誌・表紙

下野手仕事会40周年記念誌

下野手仕事会四十年之軌跡

発 行 日
2013年9月1日 第1刷発行
編   集
下野手仕事会四十周年記念誌編集委員会
発 行 人
下野手仕事会
編集・制作
有限会社 アートセンターサカモト
〒320-0012 栃木県宇都宮市山本1-7-17
TEL028-621-7006 FAX028-621-7083

[定価]本体2,000円+税
©Shimotsuketeshigotokai.2013.Pronted in Japan
 ISBN978-4-901165-06-8

お問合せ先

下野手仕事会 会長 藤田眞一 TEL:0287-93-0703
(有)アートセンターサカモト TEL:028-621-7006



ページのトップに戻る