ピックアップインドネシアの海精神科医のニア・ミスとっておきの一冊伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios
ナイジェリアの太陽

「ナイジェリアの太陽」No.5

食料を求めて(その1)

市場の近くで

市場の近くで

市場の様子1

市場の様子2

市場の様子

釣りを楽しむ

釣りを楽しむ

釣ったナマズ

釣ったナマズ

釣ったカエルのももと肉のバーベキュー

釣ったカエルのももと肉のバーベキュー

■“いのち”をいただく

 ナイジェリアのゴワルゾに在住してからは、週に一度、会社の小型バスで近くの現地の市場に買出しに行く。これは生きていくのに必要な糧を得るためである。
 朝バスが、会社の敷地内(フランス人居住区)の各家屋の前に迎えにくる。買い物が必要な人は乗り込み、20km位先のレミンガドという地にある市場まで乗っていく。約1時間後に、買い物を終えてバスに集合するというシステムである。
 赤い大地の道の先にある埃っぽい広場が、私達の居住区から一番近い市場であった。どの様に日本語で言ってよいか分らないような風景が目の前に広がる。一口にいえば「荒涼とした」という表現に尽きる。しかしこの風景も見慣れてくると慣れてきて当り前のようになって日常と化す。「慣れ」ることで、人間が生きているところでは、どんな状況でも生きていけるかもしれないと密かに思っていた。「人間ってすごい」と。
 玉ねぎ、イモ類、トマト、落花生などの少しの野菜が、使い古したムシロやダンボールの上に幾つかづつ一山になって10山ほど出来ている中から選んで買う。
 特に私達の必要な食材として肉類が目当てだ。赤のきれいな屠殺仕立ての肉から、黒っぽく変色した肉まで、無造作に古板の上に大きな塊で置いてある。一度あまりにも真っ黒な肉があったので、近くに寄って見たらハエがびっしりたかっていたのだった。細い木の棒を地面に何本か立てて小さい屋台を作り、その上に大きな葉っぱやムシロを乗せて日蔭にしているが、なにしろ50℃の炎天下だ。
 北ナイジェリアは殆ど回教徒なので豚肉はなく、豚は見たことがなかったが、豚の親戚のイボイノシシはその辺をウロウロしていた。だから殆どの肉が牛の肉だと思われる。言葉が通じないので適当に自分で判断するしかない。小動物のウサギ・鳥・羊類は生きたまま売っているので、それを買うしか術がない。
 牛の屠殺は朝早くその場でやるが、最初のうち私は遠く離れて殺す場面を見ない様にしていた。牛は首の動脈を切られ血が滝のように流れだし、苦しい最後の声が長く続く。動脈から血を出し切ると体の中には血はあまり溜まらないので肉の持ちがよくなると聞いた。しかしそのような光景も何ヵ月後かには、屠殺される牛のすぐ傍で流れる血を避けながら、その一種残酷な状況を見ることができるようになる。腹を割くと新鮮な内臓が美しくピカピカ光っていたことを今でも鮮明に思い浮かべる。それらを指差して「これとこれ」と言って買った。例えば肝臓、腎臓、心臓、舌、脳みそなどをすぐに買う。これらはパリでも見た事がないほどの新鮮さでまだ温かい。直前まで生きていたのだから無理もない。
 肉塊はどの部分も同じような値段だが、交渉時に「高い、高い」を連発しても、ほぼ値段は変わらない。問題は、屠殺したての肉は細胞が崩れていないので、硬くて食べられず、熟さなければ食べられない。そこで腐らないように冷蔵庫に入れておき、食べごろまで待って調理をする。
 ウサギや鳥は生きたままの胸やももを触って肉のつき具合を見て決める。ボーイが絞めてくれるが、たまたま休みを取っていない時は私が絞めた。このナイジェリアで生きるために覚えたことのひとつである。

■ミミズを飼う

 週末は近くの大きな沼に行き、魚釣りをした。主にカワハゼの類だが大きなナマズを釣った事もあった。釣りは「待つスポーツ」と言われているが、ここではポンと入れると我れ先にと、魚が何十匹も飛びかかってくる。待つどころか、すぐ釣れるので針から魚を外す作業の連続の「忙しいスポーツ」で、30分もすればバケツ一杯になってしまう。これをバーベキューにしてよく食べたがとても美味しかった。
 しかし何ヶ月も経つと魚も分ってきて、前の様にワッと何十匹も飛びつくことはなくなったが「待つスポーツ」までにはならなかった。特に凪の時、つまり太陽の昇る前と沈む前の20〜30分間はさざなみがぴたっと止み、水面が鏡のようになる。この時魚が沢山水面に出て来る。これが釣り時なのだ。
 釣りの為にミミズを探しに現地人で居場所を良く知っている人を連れて車で遠くに行った事がある。10匹ほど長いのを見つけてそこの泥と一緒にバケツに入れて持って帰り、釣りのたびにミミズを半分にちぎり、半分は又泥に入れて取って置き、あとの半分を更に1〜2cmくらいに切って節約して使った。乾燥しないようにバケツにいつも水を入れ湿らせてミミズを飼っていた。最初は触る事もできなかったのが、程なく手で平気でちぎれるようになった。とにかく私にとっては食料確保のための貴重なミミズだった。この経験は後に田舎に行ったときにミミズらしきものを見つけると持って帰りたくなる衝動が続いた。

(つづく)

*ナイジェリアのお金の名前がナイラ(Naira)、仏人はフランス語読みでネイラと呼んでいた。


「暑い村」

「暑い村」

「暑い風景」

「暑い風景」

「暑い太陽」

「暑い太陽」


TOMOKO K.OBER
TOMOKO KAZAMA OBER(トモコ カザマ オベール)

1975年に渡仏しパリに在住。76年、Henri・OBER氏と結婚、フランス国籍を取得。以降、フランスを中心にヨーロッパで創作活動を展開する。その間、78年〜82年の5年間、夫の仕事の関係でナイジェリアに在住、大自然とアフリカ民族の文化のなかで独自の創作活動を行う。82年以降のパリ在住後もヨーロッパ、アメリカ、日本の各都市で作品を発表。現在、ミレー友好協会パリ本部事務局長。


■主な受賞

93年、第14回Salon des Amis de Grez【現代絵画賞】受賞。94年、Les Amis de J.F .Millet au Carrousel du Louvre【フォンテンヌブロー市長賞】受賞。2000年、フランス・ジュンヌビリエ市2000年特別芸術展<現代芸術賞>受賞。日仏ミレー友好協会日本支部展(日本)招待作家として大阪市立美術館・富山市立美術館・名古屋市立美術館における展示会にて<最優秀審査賞>受賞。09年、モルドヴァ共和国ヴィエンナーレ・インターナショナル・オブ・モルドヴァにて<グランプリ(大賞)>受賞、共和国から受賞式典・晩餐会に招待される。作品は国立美術館に収蔵された。15年、NAC(在仏日本人会アーティストクラブ)主催展示会にて<パリ日本文化会館・館長賞>受賞。他。



ページのトップに戻る