ピックアップインドネシアの海精神科医のニア・ミスとっておきの一冊伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios
伝統と文化−下野手仕事会−

「伝統と文化−下野手仕事会−」第十九回

田代 芳郎 −早乙女焼−

栃木博と焼物との出会い
田代 芳郎

田代 芳郎

 栃木博覧会開催の1年ほど前、時の旧氏家町長さんより、「来年、開催される栃木博覧会に、各市町村の特産コーナーが出来るので、何か町の特産を考えてくれないか?」との電話がありました。町長さんは私が物好きであることを知ってのことでした。
 さて何にしようか?食品、民工芸、木工と、何の経験もない私の頭の中はいっぱいになりました。
 子供の頃を思い出し、山に遊びに行くと、昔の人が焼き物で茶器などを作った場所があり、そんなことから、野の草花を押絵にしたら、木の葉石の様な形のものが出来るのでは、と考え、焼物の土を求め、木の葉や草花を押形し、焚き火で素焼きした作品が出来ましたが、さて、本焼にするのはどのようにしたらいいのか。半年考えたが、出来ずにコンクリートに作品をたたき付けました。其の一片にヒントを得、それなりの作品が出来るようになり、栃木県より作品の審査を受け、町の特産として展示即売をしたのが、焼物のスタートで、其の後、全国土産品連盟の推奨をいただき、全国のデパートなどで、販売を致しました。
 長年、手作りで作品を作っているうちに、土、作り方、火の焚き方等々により、不思議な波動を有する焼物が出来る事に気付き、現在、其の方法を取り入れ、アクセサリー等の作品と組み合わせ、種々の作品を作っています。(文:田代 芳郎)

  • 作品

  • 作品

  • 作品


  • 作品

  • 作品

  • 作品


(下野手仕事会40周年記念誌『下野手仕事会四十年之軌跡』P54-55より)

*田代 芳郎プロフィール
昭和5年、喜連川町(現さくら市)生まれ。同28年、有限会社田代油店を設立。同58年、紅舟焼を考案、とちぎ博覧会に出品。平成8年、喜連川田早乙女に窯を築き名前を早乙女焼と改める。
■〒329-1311 さくら市氏家2659-5
 TEL:028-682-2342

下野手仕事会40周年記念誌・表紙

下野手仕事会40周年記念誌

下野手仕事会四十年之軌跡

発 行 日
2013年9月1日 第1刷発行
編   集
下野手仕事会四十周年記念誌編集委員会
発 行 人
下野手仕事会
編集・制作
有限会社 アートセンターサカモト
〒320-0012 栃木県宇都宮市山本1-7-17
TEL028-621-7006 FAX028-621-7083

[定価]本体2,000円+税
©Shimotsuketeshigotokai.2013.Pronted in Japan
 ISBN978-4-901165-06-8

お問合せ先

下野手仕事会 会長 藤田眞一 TEL:0287-93-0703
(有)アートセンターサカモト TEL:028-621-7006



ページのトップに戻る