ピックアップインドネシアの海精神科医のニア・ミスとっておきの一冊伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios
栃木のステキ

「栃木のステキ」第七回

宇大を楽しもう

〜宇都宮大学の研究・学生の活動を楽しみませんか?〜

「宇大マルシェ」を企画した安司奈央さん、草刈美紅さん、杉山広輝さん
(宇都宮大学教育学部総合人間形成課程2年)

 2013年1月26日に、宇都宮大学教育学部総合人間形成課程の塚本純教授の「プロジェクト研究T」で「宇大マルシェ〜宇大を楽しもう〜」を企画した安司奈央さんと草刈美紅さん、杉山広輝さん。「ホテルアールメッツ(宇都宮市)さんの協力で、塚本プロジェクトC班の私たち学生が企画したイベントです。イベントの目的は、外部の企業と提携して、『地域に貢献する』と、『大学の外に出て活動しよう』をかかげました」
 マルシェに参加した「ディンプルアート・カラー」の商品開発者木村隆夫さん(宇都宮大学工学部教授)は、自ら店頭に立って商品をお客様に説明して、体験コーナーの指導にあたっていた。幼稚園児から大人まで楽しんで作品をつくることができる体験コーナーは、ディンプルアート・カラーのステンドグラス調の美しいカラーに魅せられて人垣ができていた。
 宇都宮大学農学部附属農場産の乳製品、お米、うどんなどのコーナーは、スーパーマーケットにはないオリジナル商品で「安全でおいしい」を目指す主婦たちの人気の的。
 宇都宮大学漫画研究会のコーナーは、漫画研究会会誌の見本が置かれて興味深いコーナーであった。漫画研究会のカレンダーも販売、学生たちの個性豊かな漫画が描かれた楽しいオリジナルカレンダーであった。
 「活動を始めたのは4月からですが、最初はもう少し別の形の企画をしていました。二転三転してこの形に落ち着きました」
 「思ったより企画作りが大変でした。案をたくさん考えて、たどり着くまでに、いろいろありました。断念した企画もたくさんあります」
 「最初はもっとたくさんのグループが参加予定でしたが、大学は時期的に試験と重なるので、参加グループを募るのが難しかった。そのために規模を縮小せざるを得ませんでした。その辺も考えさせられました」と安司さんたち。
 さまざまな難問をクリアして実現させたプロジェクトだけに、当日のお客様への呼びかけは熱心であった。
 「この企画を通して多くの人たちと出会い、大学の中からより世界が広がりました。4月から3年生。卒業後に向けてさまざまな世界へ飛び出していき、社会との関わりを持つ第一歩になりました」

宇大漫画研の学生と。後列右から草刈さん、安司さん、杉山さん

宇大漫画研の学生と。後列右から草刈さん、安司さん、杉山さん

農産物コーナーで。呼び込みの旗とチラシをもつ安司さんたち

農産物コーナーで。呼び込みの旗とチラシをもつ安司さんたち

ディンプルアート・カラーの説明をする木村教授

ディンプルアート・カラーの説明をする木村教授

熱心にお客様を呼び込みました

熱心にお客様を呼び込みました

展示された作品

展示された作品

体験コーナーで指導する木村教授

体験コーナーで指導する木村教授


*『ディンプルアート・カラー』とは

 木村教授の専門分野は高分子合成。那須烏山市の企業経営者と2003年にベンチャー企業(有)エヌ・ピィ・アールを設立し、自動車のフロントガラスに使用されるポリビニルブチラール中間膜を配合樹脂成分として利用し、塗膜表面に凹凸状を発現させる絵の具『ディンプルアート・カラー』の開発・商品化に成功した。ステンドグラス調の作品が簡単に作れ、布地や住宅の窓にも利用できる。05年、栃木県発明展覧会で知事賞受賞。06年、レッツbuyとちぎ(新商品購入支援事業)認定商品に選定された。東京スカイツリー・ソラマチの「とちまるショップ」から全国に発信中。

■ 問い合わせ先

・(有)エヌ・ピィ・アール
那須烏山市金井1-8-5 TEL:0287-83-0077
http://homepage2.nifty.com/npr/index.htm
・木村教授の研究室 TEL:028-689-6140
E-mail:kimurat@cc.utsunomiya-u.ac.jp


バックナンバー

ページのトップに戻る