ピックアップ山中桃子個展ナイジェリアの太陽精神科医のニア・ミス伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios

巴里通信は、パリからヨーロッパのアートシーンをコラム形式でお届けします。

tomoko写真

画家
TOMOKO K.OBER
トモコ カー.オベール

VOL.5

建築家・室内装飾家・映画ア−トディレクター
- Isaak AZMY【イザック・アズミ】-
神は人間に創作する知恵を授けた

■パリに留まる

イザック氏の個展会場(パリ)で筆者とイザック氏の個展会場(パリ)で筆者とイザック氏デザインの椅子が展示されている美術館イザック氏デザインの椅子が展示されている美術館

「母は私の生まれた40日後に亡くなり、父と祖母が育ててくれました。12歳で家族皆で首都のカイロに転居して育ちました」と、半生を語りはじめるイザック。ファラオン(古代エジプト君主の称号)の冠を頭上に載せたらさぞかし立派な王に見えるだろうと、つい想像してしまう風貌である。
 「今年1月にエジプトで暴動が起り政府も責任者もいなくなって、私は帰れなくなり、パリに留まざるを得なくなったのです。無気力になるのは嫌ですからね。いつものように仕事をやりました。4月に全ての手続きを経てパリに2箇所のギャラリーをオ−プンしました。しかし、やはり母国を思うとつらく、また、パリでの新たなオープンは大変でした。しかしこれは神が私を後ろから押したのです」。

*彼はコプト正教徒(原始キリスト教の一派)である。エジプトの10パーセント位がコプト教であるが、過去数回にわたり過激派回教徒から迫害され虐殺されている。


■妻とアートセンターを設立

エジプトでの企画で俳優ロジャー・ムーア(中央)夫妻に解説するイザック氏(手前)エジプトでの企画で俳優ロジャー・ムーア(中央)夫妻に解説するイザック氏(手前)エジプトのイザック氏の美術館エジプトのイザック氏の美術館

 イザックは若い時イタリアの建築家Gil Detoriに出会い「創作と自由」を学んだ。「彼の影響は私の現在まで引き継がれている大事な柱です」。芸大を卒業後、エジプトの著名な映画監督シャディ・アブサラ−ムの下で助監督をして、32本の映画制作をした。他にモードやブティック、ホテル、別荘、レストラン、カフェ等の建築や室内装飾を手がけたりもしている。「200室以上あるヒルトンカイロホテルとカジノホールに携わったことは私のとって大きな収穫でした」。
 仕事は高く評価され、たくさんのお金も入ったという。「それで現代ア−ト作品のコレクションを始めたのです」。
 1965年、イザックは22歳で同級生の建築家ア−ティストと結婚。69年カイロにデザインセンタ−設立。71年兵役の5年間イスラエル対エジプトの戦争も体験している。「この間、妻は私の設計事務所を切り盛りしてくれました。今、息子も娘も設計建築ア−ティストです」。
 80年にEl Shona(エル ショナ)アートセンターを設立。地中海のそばのアレキサンドリアに1800メ−トル四方の土地とプライベートビーチを購入して美術館を建設。エジプト陶磁器現代美術館、シバの服飾と宝石美術館、現代ア−ト美術館、 彫刻美術館、世界子供絵画インターナショナル・アレキサンドリア美術館、国内児童美術館(児童の早期創作の発達のため)、人類デザイン美術館と32のアトリエをカイロとアレキサンドリアに建設した。


■いつか真実が分かる

 「美術館やギャラリーは、自分のコレクションと新作を展示するために、81年から04年の間に建設しました。私は15歳で個展が開催できたのは、先生の考えによる、『自由に、いつでもどこでも作品を創る』、という発想があったためです。だから私が受けたものを恩返ししたいと思いました。こどもたちに自由に創作してほしいと思ったのです」。
 84年にカナダやアメリカに行った彼は、アメリカのディズニ−ランドを見て思った。そこは「こどもたちにどのように、いかに楽しんでもらうか」という壮大なコンセプトであった。帰国後、こどものためのアトリエ、美術館、コンクール等を次々と企画設立していった。
 「仕事、それは美しいものを発するメッセ−ジであり実に深く、愛と平和を含んでいる」。現在、彼を取り巻く人たちには彼は雲まで上ったかのように見える。「これから海の深いところまでに行きます。それは真実を見つけるため。神は、人間に創作する知恵を授けた。ア−トは私にとって健康を維持するための薬のようなものです。こどもが遊ぶように、ピカソがこどものように描くように、創作を楽しむためです。そうすればいつか真実が分かるかもしれない」。


イザック氏(左端)の美術館でイザック氏(左端)の美術館で
エジプトのこどもの美術館エジプトのこどもの美術館
こどものための展示会の受賞式でメダルを授与するイザック氏こどものための展示会の受賞式でメダルを授与するイザック氏

TOMOKO K. OBER(パリ在住/画家・ミレー友好協会パリ本部事務局長)

イザック・アズミ プロフィール
1943年 カイロ北30kmのKalyoubia(カリヨビア)で生まれる
建築家、室内装飾家、映画ア−トディレクター、現代絵画アーティスト、9館の私立美術館館長、世界美術館評議委員《ユネスコ》、世界教育文化活動委員、その他、エジプトで多数の文化芸術委員を歴任。イタリア、ノルウエー、ドイツ、スイス、トルコ、などでExpo展示、企画。
*El Shona(エル ショナ)アートセンター
URL:http://www.designcentrecairo.com/
バックナンバー

ページのトップに戻る