ピックアップとっておきの一冊インドネシアの海精神科医のニア・ミス伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios

巴里通信は、パリからヨーロッパのアートシーンをコラム形式でお届けします。

tomoko写真

画家
TOMOKO K.OBER
トモコ カー.オベール

VOL.6

Paris plagesパリ・プラージュ(パリビ−チ)と
フランスの元カヤック選手
- Rene Guerton【ルネ・ゲルトン】-
海、河、運河は世界につながる道


■パリ・プラージュ

パリ・プラージュのパンフレットパリ・プラージュのパンフレット

10年前にパリ市長の提案でパリ・プラージュ(パリ・ビーチ)ができた。7、8月のヴァカンスに、経済的、身体的、また日程をずらしてヴァカンスをとる等の理由で、パリに残っている人たちが40パ−セント以上(世界的不況により、年々増えている)。そこでパリ市はパリにいながらヴァカンスを味わってもらおうと、特に子供たちにいかに「楽しい夏の思い出」を残すか相違工夫している。これは将来の人格形成に重要となるからであろう。
 セーヌ右岸の自動車道路を歩行者天国にして、今年は、白い砂を5千トン以上入れて人工の素晴らしいビーチを作った。パリジャン、パリジェンヌだけではなく観光客(夏のパリは観光客で一杯)もここを訪れるのが流行のように押し寄せてきている。家族連れや年齢に関係なくさまざまな楽しみを盛り込んでいるが、水、砂、太陽があれば最高のビーチとなる。子どもたちのために、一日中楽しめる遊び場やアトラクションをたくさん用意した。草花、椰子の木も100本くらいは植えられている。ここは南仏! もちろん無料。ここから見るパリはまた別の顔である。私はフランス人の友人とパリ・プラージュで、何十年かぶりにお握りを作り、冷やした白ワインとともに美味しく食べて、ちょっとしたヴァカンスを楽しんだ。


■フランス人は遊びの天才

カヤックレースカヤックレース

5年前からパリ19区にあるヴィレット湾(サンマルタン運河とウルク運河の間にある幅の広い船着場)でもパリ・プラ−ジュが始まった。ここの規模はセ−ヌ岸より小規模だが、何といってもこの湾を直接利用してあらゆる水上スポ−ツが楽しめることだ。ペダル舟、こぎ舟、マスト船、大きなビニ−ルの家、カヤック、タイコ船と水上で存分に遊べる。それぞれ年齢に応じて楽しむことができる。しかしこのために、沢山のプロの指導員、安全確保のためのガードマン、ポリス、救助隊員(陸地と水上)等が控えている。自由に楽しんでもらうために、市は安全確保のために大勢の人々を配置している。
 7月21日から8月21日、8時から24時までの長時間も魅力。訪れた人にインタビューすると「なんてロマンチックで素晴らしいパリなんでしょう」と。昔ながらのガンゲットという夏の間の居酒屋風でダンスを楽しむ場所もあり、ルノアールの絵画を彷彿させるような懐かしいパリの雰囲気を存分に楽しめる。ここでコンサ−ト(クラシックもロックも)やタイシンの体操等もそれぞれ時間をうまく使って行っている。パリ・プラ−ジュを真似して他国でも同じように作っているとか……。パリでは過去にもこの様に工夫されたビーチが作られてきた。フランス人は「人生をいかに楽しく過ごすか」という遊びの天才か!


■カヤック選手ルネ・ゲルトン

カヤックレースカヤックレースプラージュで指導中のルネプラージュで指導中のルネ

パリ・プラ−ジュ、ヴィレットの遊び場の中でも花形の水上スポ−ツ。その指導員であるRene Guerton(ルネ・ゲルトン)にインタビューすることができた。私は毎朝ヴィレットからウルク運河を1時間くらいウォ−キングしているが、そのヴィレットの指導員のひとりがルネだった。ところがインタビューにはパリ市の許可が必要で何回かメ−ルでやり取りした。お役所仕事の上ヴァカンス中の代理のような何人かとの連絡がのらりくらりと続いたものだ。「あぁ、またいつものフランスのリズム、これではパリ・プラ−ジュが終わってしまう」と少しあせったが、パリ市から「パリ通信」への取材の許可が出てルネに正式に会うことができた。
 「子どもたちが喜んで参加するのを見て、私たちも喜びを共有しています」と、意外にも穏やかな優しい声。
 ルネ・ゲルトン。身長1m90cm、46歳。14歳の時ドイツ人のカヤックの専門家に出合い、自分のすすむ道を決めたという。ブローニュのカヤッククラブで腕を上げ、軍隊のスポ−ツ部でカヤック選手として鍛えた後、フランスの選手として活躍してきた。現在は学校やスポ−ツクラブなどで指導している。
 「カヤックは、元々エスキモ−の使っていた船で、軽くて大波でひっくり返っても元に戻ります。身体と船がぴったりとくっつき、水よけ寒さよけにもなっていて、極寒のところでは最適な乗り物です」。
 以前はアザラシの皮を張って作っていたのだが、動物保護などから今では化学繊維などを利用しているという。
 「私たちの仕事は5月から10月くらいまでですが、それ以外の月は体力作りとカヤック用の身体のための筋肉トレーニングをしています。パリの次はハンガリーのブタペストに行って指導してきます。カヤックを教えることができることが何よりも嬉しいですね」。
 私はフランスに約37年間住んでいて思うことは、海や河や運河に対する人々の関心度の高さである。これらは道であり重要な通商交通機関であり、かつては侵略路でもあった。毎年モーターショー同様シップショーがパリの大きな会場であり、買う客、そして夢を買う客であふれる。実は私もその中の一人である。


TOMOKO K. OBER(パリ在住/画家・ミレー友好協会パリ本部事務局長)

バックナンバー

ページのトップに戻る