ピックアップインドネシアの海精神科医のニア・ミスとっておきの一冊伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios

巴里通信は、パリからヨーロッパのアートシーンをコラム形式でお届けします。

tomoko写真

画家
TOMOKO K.OBER
トモコ カー.オベール

VOL.15

- Anne Le Diberder【アンヌ・ル・ディベルデール】-
「メゾン・アトリエ・フジタ(藤田嗣治)」研究学芸員・責任者

■日本作家への精神的関わり

メゾン・アトリエ・フジタメゾン・アトリエ・フジタ 取材中のアンヌ(左)とトモコ取材中のアンヌ(左)とトモコ

RER(郊外線)に乗り途中バスを利用してやっと着いた小さな村。パリから南方30キロにあるエッソンヌ県のヴィリエ・ル・バ−クル村である。ここに藤田嗣治が生涯を終えた家屋があった。以前から知ってはいたが、なかなか訪ねる機会がなかったが、この夏にフランス人の知人を介して、藤田の研究学芸員である「メゾン・アトリエ・フジタ」の責任者アンヌ・ル・ディベルデール学芸員に取材することができた。
 彼女はイル ・デュ・フランスの文化遺産保存会長であり、エッソンヌ県議会議員である。昨年、国より芸術文化に貢献した功績によりレジィオン・ド・ヌール・シュヴァリエ賞を受賞している。
 彼女の案内でメゾン・アトリエ・フジタに入るとそこは時を越えた藤田の芸術的感性そのままの生活空間が保存されていた。1991年に修理復興され一般公開された。
 「なぜ、フジタの研究を?」という私の質問に彼女の日本への憧憬に似た感情がほとばしる。
 「若い頃からとても興味をもって、日本の本をたくさん読んでいました。例えば、カワバタ(川端康成)、ミシマ(三島由紀夫)、タニザキ(谷崎潤一郎)、ナツメ(夏目漱石)などですが、中でもフジタ(藤田嗣治)の生き方や作品のマチエ−ルに強い興味を持ちました。つまり最初は精神的な関わりから入っていったのです。しかし、日本の文学者より画家への関心が強かったのは、私が絵画の修復を研究している事にも深く関わっていることでもあります」。


■日本とフランスの間で

フジタのサロン(2階)フジタのサロン(2階) フジタの寝室。フジタが着ていた甚平があるフジタの寝室。フジタが着ていた甚平がある

アンヌはフジタに関する仕事の関係で日本に8回ほどフランス国の代表として行っている。「2004年に初めて日本に行きました。成田から北海道に行った時、とてもショックを受けたことがありました」。
 その日は北海道でも日差しが強く、暑い日であった。「すみません。本当にごめんなさい。暑くて」と、日本の受け入れ側の担当者のことばを、通訳を通して聞いた時だった。天候、気候に関して担当者が一生懸命謝ったことに驚いた。気候のことまで相手に対して謝らなければならない日本人の礼儀にショックを受けたのである。
 しかし、私は、担当者はほんの軽い気持ちで儀礼的に言っていることが分かるが、彼女はまともに受け取ってしまったのである。私は両方のメンタリティーがわかるので思わず笑ってしまった。
 「日本人は礼儀正しく、フランス人の様に大雑把ではない。やはり凛としたサムライ、芸者に代表されるように美と賢さを兼ね備えています」というアンヌのことばに、日本とフランスの言語の微妙な言い回しや日本人とフランス人の計り知れない溝のようなものがあることを、約40年滞在している私(トモコ・オベールはフランス国籍)も、いつも感じずにはいられない。後にカトリックの洗礼を受け「レオナール・フジタ」となってフランスに死した藤田嗣治も、さぞかし両極で揺れていたことであろう。


■日本のフジタを世界に広める

パンフレットパンフレット キッチンのタイル(1階)。真ん中の4枚はフジタの作品キッチンのタイル(1階)真ん中の4枚はフジタの作品

晩年のフジタは性格的に非常に気難しく、あれだけ放蕩を尽くしたのは、戦争を挟んで自分の人生が壊されたこが一因しているといわれている。この不便な小さな村にフジタは逃げて来たのかも知れない。
 「そうです、年齢的なこともありますし、作品に集中するために人里離れた所を選んだのです」。
 フジタの作品修復は難しいといわれているが、「2011年に判明したのですが、あの裸婦の乳白色が、和光堂のシッカロールを混入していたのです。作品を、あなたも知っているように、描いた方を外側にして巻くでしょう、しかも大きな作品を彼は内側に巻いていたので、ぼろぼろに剥げ落ちてました。
 「来年は東京芸大に行って、そこに残されている未発表の資料や日記のために訪れます」。パリ生まれのアンヌは、文筆家の父とオルガニストの母の影響で、感性豊かに育った。
 「若い頃はよく絵やイラストを描きました。特にゴッホの繊細な感性と作品が好きでしたが、ア−トの歴史を学ぶ道を選びました」
 パリ大学第4学部(ソルボンヌ)で中世文化史とイコンア−トの教授資格取得し、エコ−ル・ルーヴルで美術館学の資格取得している。目的を達成するために、さまざまな専門分野の知識へと進展させていった。聡明さと世界を舞台にして動くエネルギーを持ち、好奇心と自分の興味のある学問が一致し、若くして現在の責任ある立場となった。
 「近いうち上海と北京の美大で‘20世紀初頭のパリと芸術創作’の講演会があるので行かなければならない」と、アンヌ・ル・ディベルデールは、日本の「フジタ」を広める役割を担って各国を飛び回る。日本にとっても貴重な存在のフランス人のひとりである。


ランスの教会の試作品3階のアトリエ、ランスの教会の試作品
ランスの教会の試作品3階のアトリエ、ランスの教会の試作品
手前はランスの教会の模型3階のアトリエ、手前はランスの教会の模型

TOMOKO K. OBER(パリ在住/画家・ミレー友好協会パリ本部事務局長)

バックナンバー

ページのトップに戻る