ピックアップ山中桃子個展ナイジェリアの太陽精神科医のニア・ミス伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3アユルものがたり―那須のくにのおはなし―
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios

巴里通信は、パリからヨーロッパのアートシーンをコラム形式でお届けします。

tomoko写真

画家
TOMOKO K.OBER
トモコ カー.オベール

VOL.17

- Renaud Huynh【ルノー・ウィンヌ】-
「キュリー博物館」館長

■フランス国に生きる外国人

キュリー博物館の裏のバルコニーで。マリ・キュリーの写真とウインヌ氏と筆者キュリー博物館の裏のバルコニーで。マリ・キュリーの写真とウインヌ氏と筆者 キュリーの家族(4人で5つのノーベル賞を受賞)の写真の前でキュリーの家族(4人で5つのノーベル賞を受賞)の写真の前で

30年ほど前に私(Tomoko)はキュリ−博物館を訪ねたことがあった。当時は内部は薄暗く、私の感性の何かを刺激する古い実験室の雰囲気に感激した覚えがある。
 今年の9月に展示室はリニューアルされ、説明パネルや写真がセンス良く整理されてとても良い博物館となった。当時をより鮮明に理解することができるように旧実験室も保存されて公開している。これはパリ5区の文教地区にあり、近くにはキュリ−物理大学、キュリ−病院、そして通りの名前は夫の名前「ピエール ・キュリ−」と彼女の名前「マリ」から「ピエール・マリ・キュリー」(*1)通り と名付けられている。

 多忙な中を館長であるルノー・ウインヌ氏は、休館日である月曜日に展示室でのインタビューに時間を割いてくれた。穏やかで自信に満ちた雰囲気から、さまざまな多くの素晴らしい人々との出会いと経験が滲み出ていた。
 彼は1969年にマダガスカル島(アフリカ)生まれ。両親はヴェトナム人で、お父さんはフランスの高級官吏公務員として勤務していた。かつてこの島はフランスの植民地だった。
 「両親の仕事上、幾つかの国をめぐりましたが、15歳からパリに在住しています。生まれた時からフランス語で育ちフランス国の教育を受けフランス人として現在に至っています」と話す。しかし、人の心を察することのできるアジア人特有の神経の細やかさが見られる。これはヴェトナム人としての根っこが、見えない奥底にあるのだろうかと、フランス国籍を持ちパリに生きる日本人の私は、それこそ察するのである。
 ウインヌ氏はピエ−ル・マリ・キュリ−大学でさまざまな専門分野の勉強し、特に海洋学、ヤリイカの研究をしていた。
 「私はクストー(*2)のような人になりたかったし、自然と海に関する生物学の仕事がしたかったのです。しかし、その後『美術館学』を学び資格をとり、大きく進路を変えたのです。人々に接し、公演をしたり、本を書いたりしました。1999年にキュリー博物館で働く要請があり、2007年に館長に任命されました。展示全般に関する事をはじめ、旧実験室の扱いなど、専門家の意見を聞き、膨大な本や書類から学ぶ事ができました。彼女に関する未発表の6000枚に及ぶ写真、研究資料があります。写真の彼女の顔は冷たい感じですが、これは公に出すための顔で、実際はもっとくだけていたと思います。特に、旧実験器具及び機械には大変興味深く、自分の本当にやりたい事がここで見つかったと思いました」
 彼の言葉通り博物館の充実した貴重な仕事を担っているが、館長として博物館の資金面の調整や人間関係など山のような仕事に終われる日々であるという。
 「仕事の関係でヨーロッパ中行きますが、特にアフリカに行くとほっとして故郷に帰ったような気持ちになりますね。アフリカの人々の生活は貧しいですが、生き方考え方はとても豊かなのです。今のフランス人は、他の人々を思う心を失い無視している人々が多いのが悲しいですね」
 ちなみに、マリ・キュリーは命懸けで行った研究と実験の戦いの他に、彼女が最後まで戦ったことは、この国で、自分が外国人であること、女であることであった。現在よりも人種差別・女性蔑視の強い時代に、命を懸けて研究に没頭し、耐え続けて努力を重ねて成果をあげていたという。


■敵は見えない

フランスラジオ局で。左からウィンヌ氏、キュリーの孫エレーヌ(イレーヌの娘/原子核物理学者)とフランスの原子核物理学者フランスラジオ局で。左からウィンヌ氏、キュリーの孫エレーヌ(イレーヌの娘/原子核物理学者)とフランスの原子核物理学者 旧実験室内旧実験室内 アメリカ大統領からラジウムを贈呈されて運んだときの箱アメリカ大統領からラジウムを贈呈されて運んだときの箱 旧実験室内旧実験室内 博物館内博物館内

単純素朴な質問であるが、「なぜマリ−・キュリ−はこのような大変苦労する実験に夢中になれたのか」と訊ねると彼はニコニコしながら答えた。
 「それは彼女は実験が大好きだったからです。つまり実験に恋をしたのです」と。最もストレートで真実な答えにうなずけた。「好きな事は一生かけて、夢中になれる」ということであった。
 「夫のピエ−ルも自分自身を人体実験し、病気(主に癌)の治療になるのではないかと命をかけて研究をしていました。当時としては2人とも先進的な考えを持っていました。現在もキュリ−研究室や大学では癌に対する研究とその貢献がとても大きいのです。国と市民の寄付で研究は支えられています」
 昨年はマリ−・キュリ−ノーベル賞受賞100年記念のイベントがいくつも行われた。「大変でした。その上ミュ−ゼの改築工事の重なって心身共に消耗しましたよ。日本も含めて、各国では彼女の伝記の映画化はされたのに、フランスではありませんでしたので、初めて映画も製作しました」。
 また、日本の3.11の震災原発事故以降は、各国からの問い合わせや取材に追われていたという。「先日も日本の放送局NHKが取材に来ました。また、名古屋大学と提携して放射能対策について協議しています。日本の人々に放射能に対する十分な説明と正しい教育が行えることを求めます」。
 私はポーランドでのシンポジウムに招待されたときに、北ポ−ランドの森で他の作家とキノコ採りをした。チェルノヴィリの原発事故のことはすっかり抜けて食べてしまったことを思い出した。
 「そうなんです。敵は見えないので、闘うのがとても難しいのです」と、放射能に関することを長時間にわたって話してくれた。
 マリ−・キュリ−はノーベル物理学賞授賞式の席上で「ラジウムは犯罪者の手に渡たれば、きわめて危険になります….私は、人類がこの新しい発見から害よりも一層多くの善を導き出すであろうことを信じる者の一人です….」と語ったという。

(*1)マリ・キュリ−(マリア・スクウォドフスカ=キューリー/1934年フランスで没)1867年ポーランドのワルシャワ生まれ。パリで学び研究の生涯を送る。放射線の研究で1903年のノ−ベル物理学賞を夫のピエール・キューリーと共に受賞、同時にウランの放射線を発見した、フランスの物理学者アンリ・ベクレルも受賞。彼女はラジウム及びポロニウム (祖国ポーランドに敬意)の発見とラジウムの性質及びその化合物の研究で、1911年のノ−ベル科学賞を受賞。その時ラジウム放射能の国際基準を定義され、「キュリ− 記号 Ci」と名付けられた。パリ大学初の女性教授。放射能(radioactivity)という用語は彼女の発案。長女イレーヌは1935年に夫のフレデリック・ジョリオ=キューリーと共にノ−ベル物理学賞受賞。

(*2)ジャック=イヴ・クストー(1910−1977)フランスの海洋学者。水中考古学者。アクアラングの発明者の一人。1959年海の国連と呼ばれる世界水中連盟CMASを創設。 1992年の地球サミットで環境破壊・海洋汚染を警告し、母国フランスの核実験再開を激しく批判した。


娘イレーヌとマダム・キュリー娘イレーヌとマダム・キュリー
ピエールとマリ・キュリーピエールとマリ・キュリー
博物館内博物館内

TOMOKO K. OBER(パリ在住/画家・ミレー友好協会パリ本部事務局長)

バックナンバー

ページのトップに戻る