山中桃子個展ナイジェリアの太陽精神科医のニア・ミス伝統と文化−下野手仕事会−栃木のステキ美術館だより地域レポート遥かなる戦争と遠ざかる昭和おもしろ日本美術3
  • トップページ
  • 編集、制作
  • 出版
  • 企画
  • ビオスインタビュー
  • 巴里通信
  • 出版物一覧
  • お客様の声
  • 会社概要
pre_bios

境界線
■2017/03/31:

VOL.55 「Musée de la Poupée(パリ人形博物館)」オーナー館長 - Samy・ODIN【サミー・オーダン】-

境界線
■2017/02/17:

VOL.54 アーティスト - Iku・Higuchi【イク・ヒグチ】-

境界線
■2017/01/13:

VOL.53 ピアニスト - 成嶋 志保【ナルシマ シホ】-

境界線
■2016/11/17:

VOL.52 「ギャラリー・ベルリン‐バク」オーナー - Parwane・EHRARI【パーヴァネ・エラリ】-

境界線
■2016/10/14:

VOL.51 画家・造形作家 - 稲葉 猛【Inaba Takeshi】-

境界線
■2016/09/01:

VOL.50 造形作家 - Macha . Volodina - Winterstein【マーシャ・ヴォロディナ‐ヴィンテルステイン】-

境界線
■2016/07/27:

VOL.49 ショパン博物館(ショパンの生家)館長 - Tadeusz・Owczuk【タデウス・オヴチョック】-

境界線
■2016/06/20:

VOL.48 文筆家・インスタレーション作家 - Birgitta・Lindqvist【ビルギッタ・リンドクヴィスト】-

境界線
■2016/05/12:

VOL.47 陶芸作家 - Andoche・PRAUDEL【アンドシュ・プローデル】-

境界線
■2016/04/01:

VOL.46 舞台芸術家 - 黒井 治【Kuroi Osamu】-

境界線
■2016/01/25:

VOL.45 造形作家 - Rupert・Mair【リュペルト・マイール】-

境界線
■2015/11/26:

VOL.44 画家 - Ewa・Lawrusiewicz【エヴァ・オワルヴロシィエヴィチェ】-

境界線
■2015/10/13:

VOL.43 バロック&ソフトクラシック・ソプラノ歌手 - 桜井理恵子【Rieko Sakurai】-

境界線
■2015/08/21:

VOL.42 アートデザイナー - Bruno-Jean Helgen 【ブリュノ=ジャン・エルゲン】-

境界線
■2015/07/01:

VOL.41 水上書店(La péniche Librairie de l'eau)オーナー - Judith Rosa 【ジュディト・ロザ】-

境界線
■2015/05/07:

VOL.40 創作作家(日本人形・折り紙)、琴・三味線奏者 - 木村 宇佐太郎 【キムラ ウサタロウ】-

境界線
■2015/04/03:

VOL.39 画家 - Maryline Lefebvre 【マリリンヌ・ルフェーブル】-

境界線
■2015/02/02:

VOL.38 日本舞踊家 - 藤間貴雅 【フジマ・タカマサ】-

境界線
■2014/12/04:

VOL.37 画家 - Eva Moeller 【エヴァ・メラー】-

境界線
■2014/10/29:

VOL.36 画家・建築家・都市計画設計士 - Gilles Chambon 【ジル・シャンボン】-

境界線
■2014/09/04:

VOL.35 歴史学者(専門:日欧交渉史)・フランス国立学術研究所(CNRS)名誉研究員 - Minako Debergh 【美那子・ドベルク】-

境界線
■2014/08/06:

VOL.34 - ルッチン(Lucien)のアート・プランネール(Plein Air)-

境界線
■2014/07/02:

VOL.33 彫刻家・理学療法士 - Raphaël Marcz 【ラファエル・マークゼ】-

境界線
■2014/06/02:

VOL.32 舞台女優・映画監督・フィーソロ・カンパニー主宰者 - Sofi Verchain 【ソフィ・ヴェルシャン】-

境界線
■2014/05/02:

VOL.31 ピアニスト・アーティスト - Ingrid Fuzjko v. Georgii-Hemming 【イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング】-

境界線
■2014/03/17:

VOL.30 写真家 - Dimitri Tolstoï 【ディミィトリ・トルストイ】-

境界線
■2014/02/03:

VOL.29 「ヴァン・ゴッホ研究所(Institut Van -Gogh)」所長 - Dominique-Charles Janssens 【ドミニック−シャルル・ジャンセン】-

境界線
■2014/01/10:

VOL.28 画家 - Elisabeth Tomczyk-Kubiszyn 【エリザベット・トムチェック-クビシイエンヌ】-

境界線
■2013/12/03:

VOL.27 羊皮紙デザイナー フランス名誉工房員 - Anne-Lise Courchay 【アンヌ-リズ・クーシェ】-

境界線
■2013/11/01:

VOL.26 画家 - Id Yakoubi 【イードゥ・ヤクビ】-

境界線
■2013/10/01:

VOL.25 映画監督・シナリオ作家・写真家 - Joëlle Novic 【ジョエル・ノヴィック】-

境界線
■2013/09/09:

VOL.24 インスタレーション・アーティスト - 川俣 正 【Kawamata Tadashi】-

境界線
■2013/07/16:

VOL.23 アクロバット・モダンダンスダンサー - Isabelle Terracher【イザベル・テラシェ】-

境界線
■2013/06/03:

VOL.22 総合芸術家 - Naïma Ammari【ナイマ・アマリ】-

境界線
■2013/04/01:

VOL.21 柔道家 - Henri Grünfeld【アンリー・グリュンフェルド】-

境界線
■2013/03/06:

VOL.20 造形画家 - Ko Song Hwa【コー・ソンファ(高 松華)】-

境界線
■2013/02/04:

VOL.19 シャンソン歌手、 作詞作曲家、東京シャンソンアカデミー代表 - Lili- Ley【リリ・レイ】-

境界線
■2013/01/09:

VOL.18 パリ大学神経生物学研究室教授・生物学博士 - Jean-Marc Jallon【ジャン=マルク・ジャロン】-

境界線
■2012/11/29:

VOL.17 「キュリー博物館」館長 - Renaud Huynh【ルノー・ウィンヌ】-

境界線
■2012/11/05:

VOL.16 自由を求めてユニークな作品を発表(画家) - Vladimir Ulyanov【ヴラディミール・ウリヤノブ】-

境界線
■2012/10/03:

VOL.15 「メゾン・アトリエ・フジタ(藤田嗣治)」研究学芸員・責任者 - Anne Le Diberder 【アンヌ・ル・ディベルデール】-

境界線
■2012/09/03:

VOL.14 世界の巨匠ミレーの栄光を背負って描き続けた人生。(画家) - Danielle MILLET- DIFRAYA 【ダニエル・ミレー・ディフラヤ】-

境界線
■2012/08/06:

VOL.13 イコンから来る愛、平和、喜びを感じて(イコン画家) - Elisabeth OZOLINE 【エリザベット・ オゾリンヌ】-

境界線
■2012/06/21:

VOL.12 「100年単位で思考する」世界(画家) - 松谷武判 【マツタニ・タケサダ】-

境界線
■2012/04/20:

VOL.11 木の精のようなヴィオロンセリスト(チェロ奏者) - Birgit Yew 【ビルギット・ユ−】-

境界線
■2012/02/18:

VOL.10 フランス語を武器に、ヨーロッパ滞在44年 - 田中千春 【タナカ・チハル】-

境界線
■2012/01/17:

VOL.9 一瞬のエキリ−ブルの為に、人生を豊かにさせる考えや行動を引き継ぐ - Claire Toulouse 【クレール・トゥールーズ】-

境界線
■2011/11/10:

VOL.8 何よりも自由のためにて - Catherine de Mitry 【カトリーヌ ドゥ ミットゥリ】-

境界線
■2011/10/11:

VOL.7 ポーランド「シンポジウム」にて - Aleksander Skotarczak 【アレキサンダー・スコトルチャック】-

境界線
■2011/09/06:

VOL.6 Paris plagesパリ・プラージュ(パリビ−チ)とフランスの元カヤック選手 - Rene Guerton 【ルネ・ゲルトン】-

境界線
■2011/07/20:

VOL.5 建築家・室内装飾家・映画ア−トディレクター - Isaak AZMY 【イザック・アズミ】-

境界線
■2011/05/24:

VOL.4 シャンソン歌手・女優 - Jacqueline Danno 【ジャクリーヌ・ダノ】-

境界線
■2011/04/06:

VOL.3 フランスを代表するコンテンポラリーアーティスト - Tony Soulie 【トニー・スーリエ】-

境界線
■2011/01/24:

VOL.2 - 日本の建築学科教授はパリをこよなく愛する人 -

境界線
■2010/10/01:

VOL.1 「共和国」初の歴史的ビエンナーレに感動- モルドヴァ共和国キシナウ(Chisinau)にて -

境界線


ページのトップに戻る